学校長挨拶

 

 グローバル化や価値観の多様化が進み、「正解のない時代」と言われますが、そんな時代を生きる子ども達に必要な力とは何でしょうか。「問い」を立てて考える思考力、膨大な情報から選び抜く判断力、解決を目指して粘り強く探究する力本校は、この三つの力だと捉え、小学校段階から世界観を広げ、視野やものの見方を広げることを重要視しています。具体的には、母語での語彙力や表現力を伸ばすことで、豊かなコミュニケーションの素地を培い、英語力の充実や定着、フランス語の学習によって、国や文化の異なる人と積極的にコミュニケーションを図る力を伸ばします。言語力向上が、自ら挑戦していく可能性を大きく広げるからです。

 また、様々な行事や、特色ある教育活動によって「心」を育て、「国際化社会を生き抜く力」を育てます。「自分がやりたいことを可能にしていく」、「自分なりの正解を見つける」。本校では、子ども達がそんな人生を歩むための礎をしっかりと築いて参ります。

暁星国際流山小学校 校長 佐藤智子