英語教育:イマージョン教育

英語は国際公用語として、日本でも第二言語として位置付けられるようになっています。暗記力に優れた小学生のときから、英語を学習することにより、正しい発音が身に付き、英語が自然に習得できるようになります。レギュラーコースで毎日1時間(週6時間)、インターナショナルコースでは主要教科の授業を英語で行います。 小学校生活全般を通じて、殊に英語教育を手段として、児童の視野を広げ、国際理解の基礎をつくり、国際的なセンスをもった児童の育成を目指します。

イマージョン教育

国語や道徳は日本人教員が教え、それ以外の算数や理科などの教科は、全て英語で授業を行います。学校生活は、基本的に英語で進めていきます。担任は、バイリンガルの日本人教師で、他に外国人講師が在籍しています。どの授業も活気あふれる授業を展開し、より高い英語力の育成を図ります。