10月8日(土)学校説明会開催のお知らせ(年長・小学生の保護者の方で一度も本 校の説明会に参加されたことのない方限定) Check

9月10日(土)入学説明会締め切りました

lptop入学式
lptop授業
LP校舎
previous arrow
next arrow

暁星国際流山小学校とは

千葉県流山市で、真の国際人を育てている私立小学校です。
イマージョン教育で英語を習得し、

フランス語教育にも力をいれている学校です。
また、カトリック精神のもと、心の教育も大事にしています。

真の国際人へのアプローチ

「時代の流れを見極める」視点

グローバル化や情報化が急速に進む現代においては、
この視点を持ったアプローチは欠かせません。
以下の4つのアプローチです。

① イマージョン教育により世界水準の英語力を!

本校では、外国語を教科としてではなく一つのツールとし、幼い頃から外国語環境に浸し、教科学習と外国語学習を同時に行う「イマージョン教育」を実施します。具体的には、英語で算数や理科や図工などの教科の授業を行い、外国人講師やバイリンガルの日本人教師とのコミュニケーションを学校生活の中でより多く設けることで、外国語習得の環境を整えています。学校生活では英語を使う場を多く設け、教師は日常的に英語を話すように促しますが、強制はせず、子ども達は自由に日本語も使っています。

② フランス語の習得

第二外国語として、多くの国や地域、国際連合の公用語として使われているフランス語を学びます。英語とも近しいことから、双方を同時に学ぶことは非常に効率的であると言われています。ネイティヴの教師による授業で、発音や文法なども楽しく習得しながら、世界の様々な異文化に触れ、国際的コミュニケーションの素地を養います。

③ 発信力(アウトプット力)の向上

インプットした知識や技能は、そのままでは国際化社会で生かすことはできません。インプットしたものを生かして自己表現する、考えを発信する力、つまりアウトプットする力を重視し、日本語・英語・フランス語、どの言語においても身につけていきます。発信力はこれからの社会で最も求められている力です。

④ ICT教育

ICTルームの222.8インチの電子黒板を用いた情報共有、一日中ドキュメンタリーが流れるLibraryのプロジェクター3台による巨大映像投影(ドキュメンタリー等の教育的動画)、一人一台のタブレットPCでシンキングツールや学習アプリを活用しての授業、英語で行うプログラミング教育など、本校のICT環境は学習意欲の喚起はもちろん、学びを広げることにつながっています。また、家庭でも英語教材で学習できるWebサイトや、英語やフランス語の本をデジタルで読めるアプリの活用も行っています。

「時代におどらされず、ぶれずに貫く」視点

どんな時代の変化があっても、
子供が将来幸せな人生を歩むためには、
変わらず必要なこと、学校で身につけさせたいことがあります。
以下の3つのアプローチです。

⑤ 日本語力の向上

国際人育成において外国語習得と並んで重要であり、すべての教科を学ぶベースともなるのが、母語の力です。本校は、日本語や日本の伝統・文化も尊重し、日本語の語彙力、表現力を高め、日本語を豊かに使うことのできる児童を育てます。そのため国語科指導の充実を図り、外国語習得に有効に働く国語力を身につけさせます。

⑥ 読書習慣の定着

読書力は本校の目指す「言語能力の向上」につながります。また、読書は学力を支えるだけでなく、思考力・想像力・感性・表現力などの向上にもつながります。本校では、児童が意欲的にたくさんの本を読むよう、読書推進活動にも力を入れています。本校の子ども達は図書室が大好きで、積極的に読書(日本語・英語・フランス語)に取り組んでいます。

⑦ 心の教育の充実

本校は、キリスト教精神に基づいた価観観と信念の涵養に努め、「誠実・敬愛・勤勉」がいつの時代にも人として最も大切にするべき姿であると考えています。本校は、様々な国の児童が在籍していますが、自分らしさも相手の「らしさ」も肯定的に受け止め、お互いに高め合っていけるよう、言語でのコミュニケーションだけでなく、“真の国際人”として豊かな心でコミュニケーションできる児童を、全職員で、全ての教育活動において育てていきます。

独自のカリキュラム

本校の1週間の総授業時数は、全学年39時間です。
学習指導要領に指定されている時数をもとに、
優先すべき学習内容や児童の発達段階、本校独自の教育内容などを熟慮し、
39時間を最大限生かすようカリキュラムを作成しています。

カリキュラム作成の視点

イマージョン教育を取り入れた外国語教育は、発達段階を踏まえて進めることが大切です。
本校では、3年生まで特に重点的に外国語教育を実施します。
(英語もフランス語も毎日あり、外国語で教える時数の比重は6割程度です。)
高学年では、外国語習得に加えて、様々な教科の力をしっかりとつけるカリキュラムを編成し、
外国語習得(5割程度の時数)と学力向上とのバランスをとった時数設定をしています。

  1. 全学年、英語は毎日(週6時間)実施します
  2. 算数(Math)理科(Science)については、英語で教えることで英語力向上につなげますが、その教科でつけるべき力の定着を図るために、必要に応じて日本語で教える時数を学年によって調整しています。
  3. プログラミング教育は、5,6年で週1時間教科として設け、英語で実施します。
  4. 英語と国語の週1時間は、アウトプット力をつけるためのスキルを中心に学びます。

英検合格割合

高学年の児童の6割以上が英検2級以上を取得しています。本校で力をつければ英検2級以上の実力を持って中学校で進学できます!

暁星国際流山小学校の風景

校長あいさつ

我が子が永遠に幸せであってほしいと願うのは、世の親であれば誰しも思いは同じです。そのためにご両親は、良い環境と充実した教育を授けたいと切望しておられます。身体的な健康を願いことはもちろんのこと、敬虔な心や道徳観に基づく精神的な健康を習得させることも大切です。

まことの「幸せ」を感受できる人間は、とても素晴らしい。人間教育の中で重要視されている小学生のこの時期に、生き生きとした授業を受け、学ぶことの喜びを実感することは、自らの力で探究する意欲と自信に結びついていきます。

暁星国際流山小学校では、一人ひとりの個性と能力を伸ばし、心身ともに新時代をたくましく生き抜く国際人を育てます。

Plus Haut!(より高く!)を目指す皆様とお会いできることを楽しみにしております。

暁星国際流山小学校では、キリスト教精神に基づいた価値観と信念の滋養に努め、「人格の尊重」「知的能力の育成」「新時代の国際化の対応」を建学のこころとして、子どもに「生きる力」を学ばせていきます。

学校法人暁星国際学園
理事長・校長 田川茂

アクセス

つくばエクスプレスで秋葉原駅から28分

〒270-0152 千葉県流山市前平井175-2
TEL:04-7150-4141
FAX:04-7150-4152

つくばエクスプレス 流山セントラルパーク駅前

埼玉県・千葉県の中心部からも通いやすく、東京都下からもストレスなく通学できます。

9月10日(土)入学説明会の受け付けを締め切りました。





この度は本校の体験授業・学校説明会にご興味をお持ちいただき、たくさんのお申し込みありがとうございました。

日時:2022年9月10日(土)午前中(お申し込み締め切りました)

注意事項

  • 年少、年中、年長、編入希望の小学生のご参加が可能です。
  • お申込み人数によって2部制で行います。(例:1部制の場合は9:00~ 2部制の場合は8:00~と10:30~)
  • 複数名のお子様の申し込みをされる場合には一人ずつ申し込みをし備考欄にその旨をご記入ください。
  • お子様が体験授業を受けている間、保護者の方は説明会参加となります。説明会終了後、体験授業を短い時間ですがご覧いただけます。
  • 保護者のご参加は1家庭2名まででお願いいたします。
  • 時間など詳細につきましては後日メールでお知らせいたします。